2017/03/13

占い師は続かない!?占い師のお仕事を長く続けるやり方

 

The following two tabs change content below.
宝 良

宝 良

タロット占い師でもあり、UEヒーラーでもあり、主婦であり、二児の母。人の背中を押すのが大好き。うっかり私に相談してしまうと、好転してしまう。 タロット占い・マヤ暦・UEヒーリング・アクセスバーズでその人の幸運力を引き出したり、幸せへの道へ導くのが大得意。 恋愛・仕事・人生・子育て・お金・ギャンブルなどでお悩みの方、人生をもっと良くさせたい!!幸せになりたい!!という方、自分も誰かのサポータ―になりたい!という方、ご相談ください☆

 

占い師って、意外と長く続けられる人がいないって知っています?

 

これは私の主観ですけど

 

  • 「相手からの念をもらう」タイプ
  • 「力になろうと思いすぎる」タイプ

 

がわりとなりやすいんじゃないかな?と思います。どちらにも共通して言えることは、一緒に悩みを背負ってしまうということ。

 

せっかくできるようになったのに、長く続けられないなんてもったいないですよね!では長く続けるにはどうしたら良いか?ということを私的に考察してみました。

 



占い師を長く続けるポイント! 相手がどういう風に選択するかは完全に任せる。

branch-1290017_640

 

占い師をやっていると、やっぱりご相談者さんには幸せになって欲しいじゃないですか。で、占いというのは今現在の最善の道を提示することですが、それでもその最善の道を通るか?他の道を通るか?はご相談者様次第ですよね。

 

リピーターさんになっていたり、もしくは初めての方でも共感できるタイプというのは、なおさら幸せになってほしい。

 

だけど、やっぱり占い師と言えども他人なので提示する以上は踏み込めません。

 

もしどんな道を通ったとしても大丈夫。他の道を通ってもしまた悩んだりして、助けを求めてくれたときのみ力になる。それだけ。

 

例えば「この道を通らないと不幸になる」ということは一切ないです。そう言ってくる占い師がいたら、スルーしましょうね♪

 

人には常にたくさんの道があります。

 

%e9%81%93

 

【 例 】

 

A スムーズにいく道(でも自分の気持ちの中で葛藤有り)

 

B スムーズには行きにくい、ちょっと時間がかかる道(でも自分の気持ちの中での葛藤は少なめ)

 

C スムーズにはいかない、時間がかかる道(自分の中での葛藤あまりなし)

 

D 変わらない道

 

どの道を通っても間違いではないし、選ぶのは本人。スムーズにはいかなくても、それならじゃあどうしたら比較的スムーズに行けるかな?というのを教えてあげるときっと楽に進めるはず。

 

あと、例えば

 

D→D→B→C→一念発起してA

 

これでもOK。途中で新しくE~Hとかの道が出来てくることだってあるけど選ぶのは本人。歩くのも本人。

 

占い師は、他の選択肢を提示して、より生きやすいように 頭の片隅にでもアドバイスや選択肢が残ってもらえるようにするだけ。

 

クライアント様も、言われた当初は「できない」と思うことでも、時間が経てば「いけるかも?」と思えることだってありますよね。

 

だから、信頼して自由に歩んでもらう。

 

わりと背負ってしまう占い師さんは、自分がなんとかしてあげないと!という気持ちが強いと思います。

 

でもそれは、自分が何とかしてあげないと相手はダメになってしまう。つまり、相手はひとりでは幸せになれない。信用していない。

ということになります。

 

信じて見守る。そして、深入りしない。何かあって言ってくれたときのみ力になる。これが長く続ける秘訣かな?と感じます。

 



自分以外の他の占い師さんのところにいくこともオールオッケーとする。

network-1020332_640

 

占い師さんも相性があります。個人での相性や、その時々の気分的な相性など・・・

 

占いにくるということはスピリチュアル的なことが好きな方が多いと思いますし、同じ悩みで複数の方に相談するということだってよくある話だと思います。

 

なかには

 

私以外の人に占ってもらうなんて!!!

 

という方もいるようですが、選択する権利は相手にあります。

 

それはあなたという占い師を信用していないとかいうことではなくて(それもあるかもしれないけどw)、それだけ悩んでいるということですよね。

 

ここでも、あくまで相手に任せる。自由にしてもらう。相手をコントロールしようと思うと疲れませんか?そもそもコントロールなんて無理な話。きっと占い師をやっている方なら良くわかっていると思います。

 

今いろんな方がいますし、いろんな人にみてもらうなんて楽しそうでイイじゃない!

 

良く言われるのは

 

悩める青鬼さん
いろんな人に占ってもらったんですけど、みんな同じことを言ってくるんです

 

というパターン。これは最多です。

 

あとたまにあるのは

Aさん
宝良さんだけ違う事を言っていて、疑っていたけど結果的にそうなった。

 

というもの。これは私が提示した未来を本人が歩んで行っただけのこと。

 

道はたくさんあって、どの占い師さんの言う道も私は正解だと思います(脅すのはナシ)

 

その可能性が同時に出ているということ。

 

悩める占い師
他の占い師に浮気するなんて許せないわ!!
ミスターデビル
なんで許せねぇの?

自分が信用されてないと思うからかい?

 

悩める占い師
ギク!!!
ミスターデビル
そんなこといちいち気にしてたら、そりゃ疲れるわ。

 

母親のように、信じて見守る。そして頼ってきたときだけ力になる。これだけで占い師側もかなり楽になります。

 

必要以上に相手の念を受けることも少なくなりますし、相手の行動が気になるということもなくなる。大丈夫、どんな道を通ってもあなたのクライアントさんは幸せになります。だから良い意味で放っておきましょうね♪

 



信じて見守ることができなかった過去の私

%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

 

お恥ずかしい話ですが、占い師を仕事とする前の話です。

 

長男を産む前はインストラクターとして働いていました。人を教えるという立場にいるにも関わらず、当時の私は人を全く信用していなかったんです。

 

信用していないから、相手の行動がすごく気になるし少しでもマニュアルと違うと

 

わたし
だから違うって言ったでしょ!!

 

という感じでずっと相手を監視するような感じ。

 

相手が褒めてくれたり慕ってくれても全然信じない。

 

今思えば、「自分は他人に認められるわけがない・愛されるわけがない」と思っていたので、だからきっと相手も自分のことを信用していないだろうと勝手に思って勝手に口出しして勝手に疲れてたんですね。

 

毎日目は充血。肩はパンパン。常に周りに気を使い、後ろで人が動いても気配で察知するという・・・。

 

武士か!!

 

それくらい毎日周りを気にしていました。

 

だって、そうしないとだれかが困っているときに役に立てないから。気づいてあげられないから。頑張らないと自分の価値はないと思っていたから。

 

だから、よく上司から

 

上司
そんなに頑張らなくても良いんだよ。
え?頑張るのって普通でしょ?どうしてそんなこと言うんですか!?頑張らないと生きている意味ないじゃないですか!!

 

と反発するのと同時に、なぜか涙が出てきてよく泣いていました。

 

それはけなされた(ように感じたから)とか悲しいということではなくて、なぜか涙が出る。自分でもよくわからない。そんな状態でしたが、きっと体は正直だからあんた頑張りすぎっしょ!!という体の声が涙として出ていたのかな?と今なら思います。

 

相手に任せて楽に生きている人が、皆から好かれ成果もあげるという事実

laughter-775062_640

 

これは、当時の私は許せないことで

 

だって、努力しない人がどうして愛されるの?結果を出すの?努力しないとだめでしょ?と本気で思っていたから。

 

でも、自分の努力にはやはり限界があって、人を頼ることをしてこなかった私は行き詰ります。

 

そこで初めて、少しずつ頼ってみようかな?と小さいことから始めていくと・・・

 

前みたいに努力してないのに評価がうなぎ登り・・・!!なぜ!?

 

という事態に。

 

今思うと、相手を信用しようと思うこと、相手に任せようと思うことが結果的に相手の成長や幸せにつながるのだということだったんだと思います。それが高評価にもつながったと。

 

だから、自然と肩の力も抜けてきて、相手のことを監視しないしコントロールしようとしないから無駄な努力もしなくなる。

 

自分のことが相手の頭の片隅にでもあればそれでいい。というかそれがちょうどいい。

 

相手の人生はあくまでも相手が主役であり、それは自分が相手にとってどんな存在でも自分は相手をコントロールすることはできない。しようとするだけ無駄なんだ。

 

それよりも、自分は自分でやりたいことをやって(この記事で言うならば占い)、相手は相手で楽しくやってもらうことが何よりもの近道なんだなぁ

ということをひしひしと感じたのでした。

 



じゃあ占い師としての責任はどうなの!?と言われたら。

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9

 

相手に選択肢を提示するだけなんて、無責任!!占い師なら何とかしなさいよ!と思う人がいるかもしれません。

 

もしかしたら、あなた自身がそういう気持ちで責任感を持って占い師をしているのかもしれません。

 

それ、疲れませんか?

 

だって相手はコントロールできないですよね。

 

そして、何とかしなさいよ!と思ってしまう方。

 

コントロールされたいですか?日々の気持ちの持ち方から、相手への気持ちの持ち方まで、失敗したら「そうじゃない!」と言われますよ?ダメ出しされまくりますよ?それなら自分のペースで自分できちんとやったほうが良くないですか?

 

自分でやることが大切。他人には感じられない、自分の心の葛藤を自分が感じていくことが大切なんです。

 

責任というのは、相手の人生にじゃなくて、自分の人生に持つもの。

 

占い師は対価をいただいてベストなアンサーを導き出すプロです。占い師のお仕事は、ご相談者様を変えることではなくて、ご相談者様が楽に、幸せになれる道を提示してあげること・アドバイスしてあげることです。その結果として、自然に変わっていくだけなんですね。

 

なので、そこをしっかりと押さえていれば占い師側も余計な力を入れなくて済むし、ご相談者様も自分の力で歩めるので双方にとってベストなのではと考えます。

 

私にとって、過去のインストラクター時代は大変でしたが あれがなければまだきっと常に疲れて常にイライラして・・・という人生を送っていたんだなぁと思うとゾッとします。

 

占い師のお仕事を長く続けるやり方 まとめ

woman-1594711_640

 

せっかくの占い師という素敵なお仕事。長く続けるために占い師側も肩の力を抜いて、相手を信じて見守って、楽しく続けていきましょうね♪

 

これが何より、一番長く続く秘訣だと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です