2017/10/14

タロットカードの意味を楽しく覚える! 『法王』編

 

The following two tabs change content below.
宝 良

宝 良

タロット占い師でもあり、UEヒーラーでもあり、主婦であり、二児の母。人の背中を押すのが大好き。うっかり私に相談してしまうと、好転してしまう。 タロット占い・マヤ暦・UEヒーリング・アクセスバーズでその人の幸運力を引き出したり、幸せへの道へ導くのが大得意。 恋愛・仕事・人生・子育て・お金・ギャンブルなどでお悩みの方、人生をもっと良くさせたい!!幸せになりたい!!という方、自分も誰かのサポータ―になりたい!という方、ご相談ください☆

 

法王とは、「寛大で包容力があり、誠実でやさしい。弱さや罪を赦し正しい方向へと導いてくれる存在」です。

法王は、道徳やルールを大事にします。教育者や宗教を表すこともあります。

 



法王の世界観

rws_tarot_05_hierophant

 

信じるもの・信じたいこと・その人や事柄を取り巻くルールや常識を示します。
強い力で信じ、それがその人にとって導きや助言・道徳となって、精神的な拠り所にもなっている。

自分一人ではなく、そういった教えを受け継いでいる状態でもあります。

 

法王のカードから読みとれる世界

 

 

二人の男性に、何か大事なことを説いています。
法王の後ろの背景は、白色をしています。これは、法王が神と繋がっているということを示しており
法王が目の前の二人に説いているのは、「神からの啓示」だと言われています。
足元にあるカギは神の扉を開くカギですが、法王の足元にあるので二人の男性はそれを、法王のみに許された鍵であると思っています。

神からの啓示を受けている(とされる)法王は、二人の男性にとって絶対的な存在です。
この人を信じているだけで、自分は救われると思っているのです。



 

 

法王が正位置で出た場合

 

法王が正位置で出た場合・・・

「教育・宗教・慈愛・親切・常識・ルール・信心」と言う風になります。

 

自分が信じる方向への導きや助言があることも多く、心を開くことで、その恩恵を受け取ることができます。

儀式や仲介者・教育や宗教を示すこともあります。

 

法王
人は誰でも、心の拠り所を求めるもの。このカードは、あなたには信じる何かがあることを示していまるのです。

 



法王が逆位置で出た場合

rws_tarot_05_hierophant

 

そもそもの法王の世界観は変わりません。

「信じるもの・信じたいこと・その人や事柄を取り巻くルールや常識」を表しているのです

ただし、逆位置の場合はその意味合いに偏りが出ます。

精神的な拠り所が間違っていたり、自分の中の常識を、盲目的に信じすぎている場合が出てくるんですね。

なので、キーワードとしては

 

  • 偏った導きや助言・アドバイス
  • 偏った道徳観
  • マインドコントロール
  • ルールを守らない
  • 自分に自信がない

 

という風になります。

だから他にも、「ねずみ講」「不道徳・マナー・モラルのない人物」として出てくることもあるんですね。

 

法王
逆位置になると、人が信じる心を悪用することもあります。

そういう人物がいるという警告や、自分が信じていることを疑った方がいいよ、という風にでることもあるからお気を付けくださいね。

周りのカードをよく見てください。

 

依存しすぎず、自分が何を信じたいかを改めて自分に問うてみましょう。

そうすれば、自然に導きが得られるはずです。

 

幸せになりたいのになれない人へのタロットからの大切なメッセージ

 

逆位置になったら、どうすれば正位置にすることができるかを考えてみる

 

例えば法王の場合は

 

  • それ、本当に信じてもいいの?
  • 実は間違っていないか?
  • どうして信じたいのだろう?認められたいから?
  • 違和感は感じないか?
  • 道徳的にどう感じるか?

 

などを考えると、解決の道が見えてきます。

 

法王
信じることは、大切です。信じることで救われることもあるでしょう。ですが、見極めは肝心です。

 

スピリチュアルは怪しい!?タロット占い師になることなどを反対された時に気をつけたいこと。

宝良的考察×法王×宇宙×メッセージ

 

今までの「皇帝」の世界から抜け、もっと広い世界を知ろうとした時、今までの常識や信念では通じなくなる場面も出てきます。

この法王は、「あなたが何を信じるか、どう生きたいか?それによります。」と言っているようです。

 

思ったことや信念・意図が自分の世界を作っていくと言われている昨今の宇宙ブームからしても、とても当てはまると思います。

しっかりと物事の本質を見つめ、どう生きたいかを自分に問い、何を信じるかを模索する。

知りたいなら、教えてあげる。そこで登場するのが法王です。

 

自分が知りたいことを知りたいように、導かれるようにできている。

 

だから、楽しく生きたいと願い 楽しく生きれると信じた人は、そういう人に出会う。

心から幸せな家庭を作りたいと願い、作れると信じ動ける人は、そういう人とのご縁があるのではないでしょうか。

 

一般的なキーワードでは「共感・慈愛・包容力・教育者・伝道師」などを多く見かけますが、これも「何を信じているか」という軸が1本通っているからこそできる技なのでしょう。

 

逆位置の場合

 

法王が逆位置で出た場合は、「信じていること」に偏りがあることを示しています。

 

本質から目をそらし、見たくないと思っていれば

耳障りの良い言葉を言ってくれる出来事(詐欺など)に導かれるし

楽しく生きたいと思っているのに、行動が伴わないと

導きを得られることもできない。

 

良い人に出会い、結婚を望んでも

自分が幸せになれないと信じていたり

幸せになるように動こうということもしなければ

もれなくあなたの思う「見せかけだけの不幸な結婚」に導かれるだろう。

 

「自分の思っている不安や本質としっかりと向き合い、何を信じたいのかを内観することで、思ったように導かれる。すべてはあなた次第です。」

 

本当の法王は、他人ではなく あなたの「心」。

目の前にいる人は、自分自身。

 

人は、宗教やカリスマ性のある人に、頼りたくなります。でも、自分に軸がなく ただ盲目的に信じてしまっては騙されることも出てきます。

なので、キーワード的には「非道徳的・非常識・ねずみ講・汚職」という風になるのでしょう。



もしもタロットカードが喋ったらシリーズ

 

誰を、何を信じていいかわかりません。私はどうしたらいいのでしょうか?
どうしてそう思ったのですか?あなたは、何を信じたいのでしょう?

 

どうしてそう思ったのか・・?何を信じたいのか・・・?どういうことでしょう?考えたこともありません。
誰かに言われるがままでいてはいけません。もし相手が間違っていたとき、一番困るのは、あなたではないですか?

 

だから、信じられる相手が欲しいのではないですか!?自分を救ってくれる相手、自分を導いてくれる相手・・・求めてはいけないんですか!?
信じるもの、信じる心とは、相手に求めるものではないんです。ただ、時としてそれが「人」や「助言」という形であなたの前に降りてくるときがあるでしょう。でも、それはただの「形」なだけ。それだけに頼っていたら、またすぐ見失ってしまいますよね。

 

だったら・・・、どうしたらいいんですか!?
あなたが信じたいように、信じましょう。おかしいと思うことやあなたの心に響かないことは、信じなくて良いのです。それがたとえ親でも、先生でも同じです。本来の信仰心とは、神や仏を信じること。その神や仏というのは、他者や外に存在するのではなく、あなたのなかに存在しています。神を信じるということは、自分を信じるということ。

 

慣れていないうちは、何度も失敗するかもしれません。心の声をずっと聞いてこないと、自分で自分の心がわからないのは当然なのです。だからこそ、ひとつずつ確かめる。嫌だと思うこと、違和感を感じることはしない。心がワクワクすることは、試してみる。そうすることで、あなたの本当に求めている物が見えてくるでしょう。

 

本当に、求めているもの・・・・・?
心を開いて過ごしましょう。そして困ったとき、私のカードが正位置で現れたら、ひとまず今の信じる道を歩んで正解だということ。もしも逆位置で出た場合、信じるものが違っていないか?信じているものが本当かどうか不安になっていないか?だったらどうしたらいいか?というのを考えてみましょう。挑戦と失敗を繰り返しながら、一歩ずつ進むのです。

 

本当に、わかるのかな・・・?
大丈夫。本当は、いつでもあなたの未来は明るいのです。それを暗く見えてしまうのは、あなたの心に不安のフィルターがかかっているから。自分を信じて、一枚一枚そのフィルターを取っていきましょう。まずは、そこからです。

 

とりあえず、やってみます・・・・!!
グッドラック!!!

 

タロットカードの意味 まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です