魂覚醒!人生を好転・開運へと導くタロット占いサイト/withマヤ暦

【どいつもこいつも敵認定!】「私を否定しないで!」~人を信じられない理由は~

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

人は誰しも、自分の世界で生きている。

あなたの感情やあなたの目に映る景色は
他の誰でもない、あなただけのもの。

あなたはそれに
気付いているか―?

タ・カーラ

 

 

家族・友達など、距離が近くなればなるほど居心地の悪さを感じてしまったり、相手そのものを受け入れがたい気持ちになる事ってありませんか?

 

適度な距離の人なら適当にあしらえるはずなのに、大切だと感じてしまえばしまうほど「わかって欲しい」「理解されたい」「あなたのそれは間違ってる!」と言いたくなったり、それが受け入れられないと感じると、0か100かの勢いで怒りのメーターがマックスを振り切ってしまったり…。

 

今回は、そんな お話。

 

つい、理解されたいと思ってしまう人の共通点

 

 

「私は期待に応えなければいけない」

「相手の理想に反してはいけない」

 

心の中にそんなルールがあると、つい私たちは自分の事をおざなりにして他人の思うとおりに動いてしまおうとするもの。これは「自分らしく生きる」というのとは正反対の事となりますが、無意識にこんな行動をとってしまうのは子供の頃や生い立ちによるものが原因となっている事が多々あります。

 

例えば「自分そのものを認めてもらえなかった人」「空気を読まなければ生きてこられなかった人」「相手の期待に応え続けなければいけなかった人」ならば尚更。

 

それがために、大きくなって大切な人が出来た時に「自分そのものを認めてもらいたい」「自分らしく生きたい」と思いながらも無意識に相手の気持ちを先読みしてしまい、フラストレーションがたまるのです。

 

そのエネルギーが怒りに変わる人も多いと思いますが、「もういい!」と突き放してしまう影にある、あなたの心を分解してみましょう。

 

  • ・認められたい。
  • ・否定しないで欲しい。
  • ・私はもう、ボロボロ。
  • ・唯一の味方に受け止めてほしい。

 

という気持ちが出てきませんか?

 

そして、そんな気持ちを持っているあなたの人生にはなぜか「あなたの事をコントロールしようとしてくる人」「俺の(私の)空気を読め!と言わんばかりの人」が多く現れるのではないでしょうか。

 

…皆そうじゃないの…!?

 

ちがうよ。
がんじぃ
がんじぃ

 

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、それは「あなたと同じような人が、あなたのまわりに集まりますよ」という意味のほかに「あなたの課題を克服するために、必要な人が配置されるよ」という意味がある事をご存じでしょうか。

 

 

 

全てを解決に導くルール「相手を変えたいと思ったら、まず自分から」の極意

 

だからこそ、まずは自分を変える必要があるのです。つまり、課題を克服してしまえば良いのです。

 

まずは怒りが沸いてくるいつものパターンを観察しましょう。必ず共通点があるはずです。

 

  • ・相手との距離が近すぎませんか?
  • ・相手の顔色を見ていませんか?
  • ・相手にクソバイスをしていませんか?
  • ・相手との会話の内容は適切ですか?
  • ・相手をちゃんと、見守れていますか?
  • ・あなたの怒りのトリガー(引き金)は、相手のどんな言葉ですか?

 

 

その言葉を言わせないために、あなたの行動をどう変えたら良いのでしょうか?

 

 

これを考える事がまず、あなたの課題を克服する手助けになるでしょう。

 

 

相手をつい、コントロールしてしまいたくなります。

 

ここで一度、公式ラインによる魔法の言霊イベントにご参加してくださった方からのメッセージをご紹介します。

 

ご相談内容

 

やらないといけないことがあると、どうしても他人や周りに左右されてしまいます。

 

目標として、 他人を変えたいというコントロール欲を手放していき、 周りに囚われず、ひたすら自分が好きなことをする! と設定します。

魔法の言霊、楽しみにしています。 よろしくお願いします。

 

 

この内容を受けて、お送りしたタロットはこちら。

 

 

女教皇の魔法の言霊

「私はどんどん成長している」

 

その後のご報告

 

魔法の言霊ありがとうございました✨

 

「これ以上傷つきたくない」と頑なになって人を遠ざけたり攻撃している自分と、「いつも人から否定される」という思いぐせに気づき、一度手放したもののザワザワが残る人間関係を勇気を持って構築し直そう! と思っていた時に、 「知を智に変えられればあなたはもう大丈夫。沢山の事を知っていきましょう」というドンピシャな内容のメッセージをいただき、ものすごく背中を押されました。

 

そのおかげで、「人から必ず否定される」という思い込みを持ちながらも、「人は私が思っているよりもずっと優しい」という学びに変えられました。 魔法の言霊も毎日3回唱えています。

 

「まだまだこんなんじゃためだ」とすぐ完璧や結果を求めてしまうところが緩んできた気がします。 「これ以上傷つきたくない」というガードを緩められるように、心に残っている傷を癒やさないとなぁと思っているところです。

 

でもやっぱり向き合うとしんどいので、後回しにしています。 ゆるゆるやっていきます。 ありがとうございました✨

 

 

心の傷とは、常に向き合うべき?~魂の超回復とは~

 

 

心の傷と向き合うのが疲れたり、しんどいと感じた時は向き合わなくても良い時

 

というか、向き合うべきタイミングは「怒りが沸いた時」「もやもやした時」「悲しい気持になった時」なので、それ以外はリラックスしたり、今後の自分の為に様々な本を読んでみると良い時です。

 

私たちの魂には、筋肉で言うところの「超回復」的な機能があります。つまり、休む事で以前よりも高いパフォーマンスを発揮することが出来たり、大きな気づきを得る事が出来るのです。

 

しげお
しげお
宝良さんも煮詰まったり、考えるのが面倒くさくなったらサクサクと漫画読んだり昼寝したりしてるぜ!
一度手放す事で、さらなる気づきや発見が訪れるんじゃよな。リラックスは大切じゃ。
がんじぃ
がんじぃ

 

「知」を「智」に変えた、私の話。

 

 

  • ・「知」とは…物事を知る・知っている状態。
  • ・「智」とは…物事を深くまで理解し、判断する力の事。

 

日本語って面白いですよね^^

 

ここで余談ですが、私の話を聞いてください。

 

私は生い立ちの上で「理解」「共感」が全くされなかったタイプでした。というか否定され続けて生きてきたので、人との距離が近くなると全力で分かってもらおうとするがありました。

 

でも、その反面「相手の事も理解したい!」と思っていたので、相手の期待やニーズにもこたえるべく、常に空気を察し先回りをし、不快感を与えないように息を殺して生きていたような気もします。

 

だからか、「認めてもらえない」「理解されない」「思ったような反応が返ってこない」と感じる時は、かなり怒りました。私は怒りながら泣いてしまうタイプなので、泣きわめきながら相手にその感情をぶつけました。特に、そんな私から甚大な被害を受けたのは、親友と夫だと思います。(苦笑)

 

どうしてわかってくれないの…!!!☆※%##”!’(嗚咽で解読不能)

 

相手を変えたい。わかってもらいたい。なんとしてでも理解させたい。

 

そんな風に感じていた私は、本当に生きるのが辛かったです。なぜなら、理解してもらおうと思えば思う程わかってもらえないから。というか、わかってもらえた時があっても、また「わかってもらえてない!!」と感じる出来事が訪れるから。

 

そしてまた怒り➡相手にぶつける…のエンドレス。親友も夫も、よく耐えてくれたなと思います(^_^;)

 

でも、

 

このまま続けていたら、いつかは愛想をつかれる気がする…。なぜなら私だったらこんなオンナ嫌だから!

 

と思った私は、自分の感情が揺れた時に自分を観察するようにしました。

 

当時は知らなかったのですが、これは「メタ認知」と言います。

 

ハイアーセルフ
ハイアーセルフ
メタ認知とは、自分の感情・行動・表情の全てを観察する方法の事をいうよ。まぁ、スピリチュアルの世界では「ハイアーセルフの視点」とも言われているな。

 

 

そこから見えてきたもの、知り得たものは

 

「私は、自分の世界や自分の視座を相手に押し付けているのだ」

 

という現実・事実でした。

 

相手の事を尊重しているようで、全く尊重していなかった。

相手が望むように動いているつもりだったけど、それは「あなたの思い通りにやってるんだから、あなたもやってよね」という押し付けだった。

 

つまり、私は自分の思い通りに事を運ばせる為に、せっせと相手の期待に応えていたのです。見返りを求めて。

 

自分が恥ずかしい…!!!

 

そこから、私は自分に言いました。

 

・私は、わかって欲しかったんだな。

・私は、理解してほしかったんだな。

・私は、愛してほしかったんだな。

・私は、大事にしてほしかったんだな。

 

お母さんと、お父さんに―。

 

相手は、自分のお父さんでもお母さんでもない。

 

 

あくまでも私の場合ですが、私は親の代わりを親友や夫に求めていたのだと思います。だから、「相手という一人のキャラクター」や「相手の自由」を認めていなかったのかもしれません。

 

親友や夫以外にも、親しくなった人につい「無条件の愛」を求めてしまっていた為に、エゴや打算を感じるとシャットアウトしてしまっていた私。過去の自分は人間関係の構築が下手で、人と円滑な関係を築く事が出来ませんでした。

 

 

知識として知っている事を「知」といい、そこからより深く知ろうとする事・アウトプットしていく事を「智」と言いますが

 

 

知を智に変えるべく「色々な人の背景やキャラクター」を知り、本を読んだり実際にインタビューしたり、自分にアウトプットした私。そうしてやっと私は、心から相手の在り方を認める事が出来、自分の気持ちに応えてくれなくても「なるほど!」と尊重する事が出来るようになったのです。

 

そして物理的にも「相手の期待に応えない努力」「空気を察しない努力(顔色を見ない・気になったら離れる)をしたおかげで、心が安定するようになりました^^

 

 

相手を敵認定しない、自分を手に入れるために―。

 

では話を戻し、メッセージを下さった方へ向けてオラクルメッセージをお贈りします。

 

ワンドの7

「期待に応えなくて良い」

ー期待に応え続けるから苦しくなる―

で、あるばらば

 

時に跳ね除け、時にあしらい

期待という要求と戦える自分を獲得せよ。

 

 

人からの要求を鵜呑みにしていたら、そりゃ自分の事はできません。そうして相手の為に頑張れば頑張るほど、私たちはイライラして相手の事が嫌いになります。

 

だからこそ!

 

「期待に応えないスキルを身に着ける」のです。そうする事できっと

 

  • ・反応しない自分
  • ・どんな人間関係もそつなくこなせる自分
  • ・見守れる自分

 

を手に入れることが出来るはずですよ^^

 

 

あなたの未来はきっと明るい。だから大丈夫です。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

タロットは「今のアナタがすべき、ベストな方法」を教えてくれる素晴らしいツール。使いこなす事で日頃のお悩みも解消へと導かれます。タロットをお持ちの方は、是非より良い未来や人間関係をつくるためにもご活用くださいね^^

 

ちなみに、迷惑をかけ続けた親友や夫とは今でも超仲良しです。というか、こんな押し付けがましい私を見守ってくれていた事には感謝しかありません。見捨てられる前に気づけて良かった…(;´・ω・)危ない危ない。

 

そして、人間関係を心地よいものに変えられた今…。どんな人とでも渡り合える自分が居ます。途中で嫌になったら、適切に距離を置ける自分もいます。そして時が経てばまた、仲良くできる自分も居るのです。

 

これは私が最も獲得したかった事。ここまで誘導してくれたタロットには感謝しかありません。

 

タロットは「未来」や「相手の気持ち」だけを占うものではありません。あなたの未来を素敵に整えてくれる魔法のツールなのです。ぜひ良い形でご活用くださいね!

 

しげお
しげお
人生を輝かせるタロット講座もやってるぜ!よろしくな!

 

 

この記事を読んだあなたにオススメ

 

あなたの生きづらさは「特性」のせいかもしれない。

悩みや怒りから解放される【期待しない】考え方

タロット占いは超現実的!タロットを深く読んで味方につけよう!

苦難の人生を希望ある人生へ~あなただからできる事~

 

ブログでタロットカードの意味を学ぼう!

【保存版:大アルカナ・小アルカナを楽しく覚える!】タロットカードの意味一覧(PDFあり)

◇あなたの鑑定や実生活に役立つ「魂に響くタロットのテキスト」はこちら。

タロットは、当てるためにもたらされたものではなく、あなたの人生を助けるためにもたらされたものだ。

マヤ暦も一緒にレクチャーするSPECIAL講座はこちら

【SPECIAL】タロット×マヤ暦講座 in 札幌対面・オンライン

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© takara ・ tarot , 2022 All Rights Reserved.