2019/09/06

似ているタロットカードの違い~カップの4とカップの7編~

 

 

カップ10とペンタクル10の違い、興味深く拝読しました!

少し前からカップ4とカップ7で、特に違いが見出せなくて困っております。

「なんかこの2つって似てないかー? 特に2つも必要あるのかな?」 と思っております。

機会がありましたら是非取り上げて頂けたら嬉しいです!

 

こんなご質問を頂きました!ありがとうございます♪

カップの4とカップの7・・・確かにそう言われてみれば似てるかも!

今回はこの二つのカードの違いについてご説明しましょう♡

 


カップの4とカップの7の大きな違いとは?

両方とも小アルカナの「カップ」のカードではあるので、感情やハートを司っているというのは同じですが、実は「4」と「7」とでは大きな違いがあるのです。

 

まず、カップの4はこんな感じ。

物思いにふけっている男性。横を見ると雲から手が突き出ており、カップを持って差し出しています。ですが男性は全く気付いていません。

 

目の前の三つのカップに気を取られてしまっているので、「ひらめき」のような目に見えない存在から出されたメッセージには気づけていないんですね。

 

んで、さらに注目してほしいのは「4」という数字の事。「4」の小アルカナは、総じて皆おとなしい絵柄です。「4」は安定を示しています。という事は、カップの4の場合は

 

安定(わかりやすく言うと「暇」)から抜け出したいと思い、何か面白いアイデアや出来事は無いかな、と考えあぐねている様子

 

という意味なんですね。

 

 

んで一方、カップの7の場合は、このように無数のカップ(夢や目標等)を見て、グフフフフとなっている様子が描かれています。

 

「7」は飛躍を意味する数字です。このイラストで言えば、例えば

カップの7
お金があったらきっと彼女が出来て、今よりもっと楽しい日々を過ごせるぞ・・・グフフフフ

みたいな感じで、安定から抜け出したくて妄想する・・・というよりも

 

「今よりもっと飛躍した未来を思い描いて、妄想する」

 

という事なんです。

 

安定から抜け出したくて考えてるのと、今よりもっと飛躍したくて(お金が欲しい、彼女が欲しい、物が欲しい等)妄想するのとでは、大分受け取り方が違う感じがしませんか?

 

 

小アルカナがわからない時は、数字にも注目する事!

 

小アルカナは、スートのほかにも「数字」をしっかりと見ることが大切です。

 

数字を見ることで「この人は今、良くも悪くも安定しているんだな」とか「あぁ、もっと飛躍したいんだな」という事がわかるものなのです。

 

小アルカナは、日常の細かいことを教えてくれる非常に優れたカード。なので、数字の違いにも注目することで、より深いリーディングをすることが出来るようになるのです。

 

まとめ

(↑アフタータロットのイラストです。こっちの方がイメージしやすいですね!)

 

いかがでしたでしょうか?

鑑定するときにも、やっぱりニュアンスの違いによって受け取り方も変わります。

 

今の安定から脱却するために考えているのか?(ある意味、刺激を求める感じ)

もっと今より良くしたくて考えているのか?

 

このニュアンスの違いを説明したりお伝えすることにより、クライアント様の心への響き方も変わってきますね^^ぜひ参考にしてくださいませ。

 

関連記事

似ているタロットカードの違い~カップの10とコインの10編~

タロットカードの意味一覧はこちら

記事にしてほしいご質問がある方はこちら

■TAKARA・TAROTオリジナル 実占に使えるタロットテキストはこちら

タロットテキスト

■初心者さんから現役占い師まで・・・誰でも本格的な開運占い師になれる!

タロット占い師養成講座

■お悩み解決ならこちら

有料鑑定について

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -