似ているタロットカードの違い~カップの10とコインの10編~

 

似たようなカードの意味合いの違いが知りたい!というリクエストを頂いたので、今回はカップの10とコインの10の違いを考察してみたいと思います♪

 

同じように疑問に思っていた方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!



家族が描かれていて似ているカード!カップの10とコインの10

 

カップの10とコインの10は、同じように家族が描かれています。それぞれのキーワードを見てみると・・・

 

カップの10・・・家族(グループ)間のだんらん・幸せの共有・心からの幸せ

コインの10・・・家族(グループ)間の団結・組織・相続・血筋

 

という感じになります。なんか似ているようで違いますよね。ではどこがどう具体的に違うのかを見ていきましょう。



ーあの人が笑ってくれることが私の幸せー カップの10の本当の意味

カップの10

 

カップとは「心で感じる感情やときめき」を表すスートです。その力が最大になったのが、カップの10。なので、自分一人ではなく、家族やグループ全体が心の幸せや潤いを表現しているのです。

 

分かりやすく言うと、お父さんが家族のために仕事を頑張って、それで子供たちがおいしいご飯を食べ、奥さんが笑顔で毎日過ごしてくれている・・・。お父さんが、「ブラック企業で大変だけど、あぁ、俺は幸せ者だなぁ」と感じる・・・。みたいな。

 

自分一人の満足ではなくて、自分も含めてみんなが幸せを感じている状態なのが「カップの10」なんです。

 

カップの9
ちなみに、自分一人だけの幸せ、って言う場合なら俺が出るんだぜ!

 



ーみんなが豊かになることが幸せの定義ー コインの10の本当の意味

コインの10

 

一方コインの10は、心の幸せではなくて「物質的な幸せ」がメインになります。もちろん心も幸せだけど、重きをおいているのが「お金・物質・立場・地位・血筋」だという事ですね。

 

カップの場合は感情ですから「今が幸せでも1時間後には落ち込んでいる」という事もあり得るのです。ですが、コインの10の場合は少し違います。

 

何があっても動じない精神や、豊かさを生み出す現実的な力をイラストに描かれている人たちは持っていますから、多少の事では彼らは動じません。

 

いつでも彼らは現実的で、感情に左右されることが少ないんですね。だからこそ、富を所有し、それを次世代へと継承させることが出来るのです。

 

コインの10
我らの結束さえあれば、何とかなるものさ。些末な感情に左右されないのが、我らコインの特徴なのだよ。

カップの10が出たら聞いてみると良い事

 

もしも願望や顕在意識・潜在意識のポジションにカップの10が出ていたら「自分一人だけじゃなくて、みんなが幸せになることが、あなたの喜びだったりしませんか?」と聞いてみましょう。

 

カップの10が出るタイプの人は、「みんなが幸せなのが、一番の幸せ」だと思っているので、ほとんどの人が「イエス」と答えてくれるでしょう。

 

大我の愛じゃな。

 



コインの10が出たら聞いてみると良いこと

 

コインの10が多く出る人は、家族の結束がやたらと強かったりします。血筋を気にしたり、結婚について親がしゃしゃり出てくるとか、そういう事も多いですね。

 

なので、もしも結婚したいけど出来ない・・・と嘆いている人が居た場合に、このコインの10が出てきたら、ご家族の事を尋ねてみるのも良いでしょう。そこに問題の種が眠っていることも多々あるのです。

 

コインの10
我が家系にふさわしい人間でないと認めるわけにはいかん!

 



まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

同じようにファミリーが描かれているカードだけど、スートが違うと意味合いもガラリと変わってきます。

 

これが小アルカナの面白い所ですね!アメブロの方では、色々なタロットカードについての考察も載せています。ぜひ興味の有る方は読んでみて下さいね♪

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -